読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これから筋トレを始める人のためのジム選び

 

f:id:kazufit:20170224212101j:plain

筋トレをこれから始めるにあたり、最初にジムを選ぶ人がほとんどだろう。

最初から自宅に器具を揃え、個人でトレーニングを行うというような人は滅多にいない。

 

そこで今回は、東京都を中心にスポーツジムの種類を説明し、数多くのジムの違いを感じてもらいたい。

 

 

1、コナミスポーツクラブ

ここは男性女性問わず、気軽に体を動かしに来る人が多くいるジムである。

ジムだけでなく、プールやスタジオプログラムなどの施設も充実している。

会員費は約4,000〜14,000円と週に1,2回の運動から初めてみたいという方にはとっつきやすいジムとなっている。

 

2、ルネサンス

ここも男性女性、老若男女問わずに気軽に体を動かしたい人が多くいるジムとなっている。スクールなども併設されており、子供はスポーツを、母親はジムで汗を流すなど家族で利用する人も多数いる。

会員費は約7,000〜14,000円となっている。

 

3、セントラルスポーツ

こちらはセントラルオリジナルのプログラムが用意されており、音楽に合わせてダンスをしたり、筋肉を動かしたりするスタジオプログラムの充実が魅力となっている。

会員費は約4,000〜12,000円となっている。

さらに、朝や深夜などの特定の時間帯であれば低価格で毎日通い放題である。

 

1〜3に似たジムとしては他にもメガロスJOY FIT等がある。

 

筋トレブーム が到来してから流行したジムやオープンしたジムも多くある。

それらのキーワードとなっているのは「筋トレ×◯◯」である。

 

4、ティップクロスTOKYO

ここは渋谷、新宿、池袋という東京の中心部にジムを構えている。

そのため、仕事や学校の行き帰りなど普段の生活の中に取り入れやすいのだ。

さらに、都心ならではの最新、最先端のプログラムや設備が充実しているのがこのジムの大きな魅力である。

若い男性女性や本気で鍛えたい人などが多くの人が在籍している。

会員費は約7,500〜14,000円である。

 

5、ANY TIME FITNESS

ここの最大の魅力はなんといっても驚きの低価格である。

会員費は約4,000〜10,000円である。

費用は各場所によって異なるが平均5,000円でジムを毎日使用することができる。

もう1つの魅力が24時間営業であるということだ。

仕事終わりの時間が遅くても、早朝であろうとも自分のタイムスケジュールに合わせてジムに通うことができる。さらに、ここはトレーニングマシンの種類も充実している。

 

最後に海外から進出してきて、昨今話題となっているのが...

 

6、GOLD'S GYM

ここの最大の魅力はなんといっても設備、トレーナーの充実度である。

器具の使用方法からトレーニング方法、食事の相談などといった、初心者の方から上級者の方まで幅広く対応してくれる人が常にジムエリアにいるのだ。

GOLD'S GYMのトレーナーは専門の学校に通いきちんとした知識を身につけたプロフェッショナルである。

会員費は約9,000〜18,000円である。

 

僕自身はGOLD'S GYMに通っている。

僕はこのジムを通いやすさ、器具の充実度、費用、知識の4つの点から選んだ。

始めた当初は何の知識もなかった僕だが、トレーナーから器具の使用方法、食事の内容、トレーニング方法などの知識を学ぶことができた。

 

そこから、筋トレを効率良く、継続していくためにも最初からきちんとした方法で取り組むことが大変重要なのだと感じた。

 

筋トレを本気で始めたい、体を本気で変えたい人にはGOLD'S GYMがオススメである。

 

また、

痩せたい

体を動かしたい

会社から近いところがいい

など、人それぞれ目標や条件は異なるだろう。

 

筋トレは人生を変えるほど魅力的なものである。

皆さんも初めてみてはいかがでしょうか。

 

最後にこの記事が自身の目的にコミットしたジム選びの手助けになったら幸いである。